字幕放送番組の字幕制作はわたしたちにおまかせください。

字幕放送とは?Broadcast of subtitles

字幕放送って何ですか?

聴覚障害者や高齢難聴者などテレビの音声が聞こえにくい方々への補完的なサービスです。
最近は、空港や病院等、音声が聞き取りにくい公共の場でも字幕放送が利用されています。

 

字幕放送はどうすれば見ることができますか?

テレビのリモコンの「字幕」ボタンをONにするだけでご覧になれます。
ワンセグ対応携帯でもご覧になれます。
※操作方法は各メーカーの説明書でご確認ください。

 

テレビでよく見るテロップやスーパーとの違いは何ですか?

映画の字幕やテレビのテロップは常に表示されていますが、字幕放送は視聴者がリモコン操作によってオン・オフすることができます。テレビ操作でオン・オフを選択できる字幕を「クローズドキャプション」、選択しなくても視聴できる字幕やテロップ等を「オープンキャプション」といいます。
また、映画字幕はセリフのみの表記ですが、字幕放送は♪などのマークで音楽や音の情報まで表記する点で異なります。

 

もっと文字を多く(少なく)できませんか?

字幕は読みやすさがポイント。一言一句漏らさず文字化すると画面が文字で一杯になり読みきれません。そのため、字幕は1画面に15.5文字×2行までを限度としています。
また、表示時間が短いと読みきれないため、字幕の表示時間は4文字当たり1秒以上を目安としています。

 

画面のセリフと字幕が合っていない時があります。

時々、視聴者の方から「画面のセリフと字幕が合っていない」 「字幕があるとテレビ画面が見づらい」という声をお聞きします。
字幕を読んでいただく文字量や表示時間を考慮しますので、複数の登場人物の会話や速いセリフ等は字幕が遅れることがあります。また、できるかぎり、映像を邪魔しない下位置に字幕は表示しますが、人の顔やテロップに字幕がかからないように、字幕の位置を変えることもあります。